2013年04月22日

名前です


ヤマトが初ワープして、初波動砲をうちました。
曲は昔と同じ♪よかった、よかった。

知ってる人も多いと思いますけど
登場人物の名前って、歴史上の人物と同じ名字ですよねぇ

徳川、森、島、真田、加藤・・・・とかね?

新撰組からも出てますよねぇ
沖田、土方、山崎、藤堂、斎藤・・・・とかね?


デスラーは、ヒトラーからとったのかしら?
(ラーしかあってないけど)

日本とドイツで戦わないか。
後半のデスラーは、いい人っぽくなるしなぁ


大人になってから、こうして見てみると
なにげに戦争ぽくて、やだなって思います

今日なんて、オーストラリアくらいある大陸を
波動砲1発で、なくしちゃったからね?


真田さんが言ってた。
「敵基地だけ壊せばよかったのでは」って。

沖田艦長は
「身を守るために使う」って。


セリフも、気を遣うんでしょうねぇ



・・・・で、まだ、お正月の長時間 時代劇が
1分も見れてないんですよ

ごーるでんうぃーくにでも、のんびり見ようと思います



・・・で、ワンピースは68巻見てないのに
69巻を読んじゃったんですよ

いつのまに、みんな戻ったんですか。



・・・で、三国無双は、まだ赤兎馬が出せてなくて
とりあえず、ifモードを出そうと思ってるんですよ

先は長い。


やっぱ呂布が1番強いのかなぁ



そんな感じです。

posted by なおみ子 at 03:33| 東京 ☀| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
宇宙戦艦ヤマトは松本零士さん曰わく…戦争はもうダメだ。というコンセプトで描いたそうですよ。近所に居た海軍のお兄さんが出征した記憶があるそうです。ワタシの祖母の弟も学徒出陣で海軍で戦死してます。
Posted by いちごクリームあんみつ at 2013年04月22日 08:10



僕も現代版「ヤマト」見てます。

昔々のまんがのリメイクだから、ストーリーが分かっているので、余裕を持って見ることができますね。
キャラクターは、30年たつと、ずいぶん軟弱になっちゃった気がします。(もともと軍人とか戦士といった雰囲気が感じられないキャラでしたが、今回は、なおさら。)

松本零士は、原作者の西崎さんと ドロドロの裁判劇を繰り広げた結果、今ではもう、ほぼヤマトには関われないようになっちゃっているらしいです。月刊誌等に連載していた「紙の」漫画も 例によって、中途半端なまま放り出しておしまいになってます。ファンだった人を だいぶガッカリさせた事でしょう。
僕もウィキペディアで見て、ガッカリしました。
この新作アニメは、そのドロドロ劇の後に、気分を一新して作られていますので、また楽しめそうですね。

Posted by 魔法整体師 at 2013年04月22日 09:59
島航海長が軟弱になって、女子キャラクターが増えた(-。-)y-~
Posted by 8級 at 2013年04月22日 19:29
いちごクリームあんみつ様>
海軍でしたか・・・
私の親戚は、南方で戦死したらしいんですが
遺骨のないお墓が並んでいます。悲しいですねぇ・・・
ヤマトでも、みんなの亡くなり方が印象に残ってます


魔法整体師様>
そうそうそう、裁判ありましたよね!
そして、確かに余裕をもって見れる。
子供の時に見るのとは、また違った味もあったり
いろんな事が理解できて楽しいっすね!!



8級様>
なに、その間違い探しww
島はねぇ、髪の毛も伸びたし、目もキラキラだねぇ
雪の髪の毛もボサボサ感が・・・・
女子キャラが増えて「だれ?」って人もいる。うーん。




みんながヤマトを見ててくれて、嬉しいわ♪
Posted by なおみ子 at 2013年04月23日 03:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: