2013年02月12日

名城です


2013年2月現在
犬山城、丸亀城と並んであたしの見たいお城が、
熊本城でございました。

長年の夢・・・・

歌い手子様の御陰で、叶ったのでございます。
夢をあきらめちゃダメ!って本当でした。


ありがとうございまーーーーーーす

くまもとじょーーーーーーーー
どーん!

DSC_1401.jpg



見上げてみれば、目の前にそびえ立つ熊本城。
かの西郷どんも、西南戦争で
「熊本城(清正)に負けた」
と言った難攻不落の城・・・・


もちろん、この地点に来るまでに
攻め入り方を模索しましたが
無理です。
もう、5回くらい討ち死にしてます。


あの直角の曲がり角に、門があったはず・・・
と、柱の跡を探したりしながらの移動は
かなりの時間を要しました。


さすがだな!清正公!


ここもやっぱり、登れませんよ。
武者返しですよ。

DSC_1400.jpg




アップで、どーーーーん!

DSC_1399.jpg





出口からも、どどーーーーん!

DSC_1405.jpg




こうして、
入るまでにも、かなりの時間を・・・ww


天守からは、さっきいたとこも見えたりして・・・

DSC_1407.jpg




こっちには、どうやって行くんだろ?

DSC_1408.jpg




写真の左側、深いのがわかります?

DSC_1411.jpg




世が世なら、城下を見下ろす事なんて
一生無理だっただろうになぁ・・・・

DSC_1409.jpg





感慨深く、熊本城のてっぺんにいるのに
もう、閉門の時間が・・・・

ちょっと!まだじっくり見てないんだってば!
本丸御殿も見てないんだってばぁぁあああ

入れて?入れてよ?東京から来たんですよ
飛行機に乗って富士山を撮影できずに来たんです



本丸御殿の前に立つ係の人は
手を×にして、入れてくれませんでした。

むしろ、この場から立ち去らなければ
門が閉まって帰れませんよ?
くらいの勢いで放送でお知らせされます。

「閉門の時間です・・・・」



いやぁぁぁぁあああ
帰りたくなぁぁあああい



からしレンコンで涙を出しながら
ホテルのお部屋につきました。


すると、

目の前に・・・


確かに、あたしの目の前に・・・


ホテルの窓の外に・・・・




くまもとじょーーーーーー
らいとあーーーーーーっぷ!!!

DSC_1424.jpg



鼻血が出るかと思いました。


カーテンあけっぱなしでベッドに入って
熊本城を見ながら寝ることにしよう!

・・・なんて妄想してお風呂に入って
明日の準備を終えて寝ようとしたら

すでにライトアップが終わり
お城がどこにあるかすらもわからない状態に
なろうとは

この時、知る由もありませんでした。






そして、またつづくwww

posted by なおみ子 at 23:00| 東京 ☁| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by 島つよち久 at 2013年02月13日 23:00
その昔、このお城の入り口には、

『日没閉門 熊本城』

という看板があったそうで。
岡山出身の文士、内田百關謳カは
『上五を付ければそのまま俳句になるね』
と大層感心なされたそうです。

てか、なんだそのトリビア。
Posted by 島つよち久 at 2013年02月14日 01:59
島つよち久様>
50へぇ。
東京より日没が遅いはずなのに、閉まるのが早いのよ。
もう1時間あれば、早足でもまわれたのに・・・・
Posted by なおみ子 at 2013年02月14日 23:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: