2011年08月05日

力入れてないです

今まで、あたしの怒り肩の話を
何度してきただろうか・・・・


成人式の記念写真の際、
カメラ屋さんに言われた

「もう少し、肩の力を抜いてください」


宣材写真の撮影の際
カメラ屋さんに言われた

「もう少し、肩の力抜けますか?」


美容師さんに言われた

「気にしてるかもしれないから
肩に当たらないように切ってるんですよ」



・・・って、あたし、どんだけ肩を
下げればいいわけ?

みんな、あたしがどんだけ肩を下げれば
満足なわけ???


今日だって、言われましたよ。
ダンスの女子先生に言われましたよ。

「はい、もう少し肩の力抜いて下さい」



ねぇ、どんだけ力抜けばいいんですか。

あたし、人生で何回言われるんですか。



鎖骨が肩を突き抜けてるんだから
もうこれ以上下がらないんだってばーーー

鎖骨が怒ってるんだってばーーーー


いまだに肩パット入れてる?とか
そのままアメフトやれば?とか

言わなくていいんだってばーーー


ばかばかー。


怒り肩のせいで首が短く見えるけど
ほんとは、首が細いんだからねーーーっだ
(長さは関係ないけど)


辞書で調べてみたら

なでおろしたように下がった肩を
「なで肩」って言うんですってよ。


上がったら「怒り肩」って
なに?そのネーミングセンス


辞書で調べてみたら

角張った肩を「怒り肩」って
言うんですってよ。



角張った・・・って・・・


かくばった・・・・って・・


ひどいわーーーー
語源は、なによーーーーー
なんなのよー、どっからきたのよー



もうさー、いっそ自慢するわ。
あたし、角張ってるんですって言うわ。

角が張ってるんですって言うわ。
カド、ハリハリですよって言うわ。

なんか意味すらわかんなくなってるけど。



なで肩なんて、憧れてなんかないんだからねーっだ
いーーーーーーーっだ


posted by なおみ子 at 02:32| 東京 ☔| Comment(7) | だんす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする