2010年07月02日

願い事です


お薬屋さんへ行ったんです。

そしたら、何色が好きですか?って
聞いてくる。

出された何枚もの折り紙を見て
わかった。


そうか。これは、短冊か!
七夕だもんな、もうすぐな。


迷わず、キラキラの赤い短冊を手にとった。


歳を取ると、赤い色が好きになるらしいが
あたしも例外ではなかったと自覚した。


「神社に持っていくから、
是非、お願い事を書いていってください」

と、ボールペンを渡された。



願い事・・・・?



なんだろう?
あたしの願い事って、なんだろう?


うーん・・・うーん・・・




あまりにも長時間悩んでいたせいか
店員さんが

「宝くじが当たりますように〜とか
健康でいられますように〜とか・・・」



早く書けよ!という言葉を包んだ
願い事押し付け作戦を実行してくる。


まてまて。こらまて。
俺様の願い事だぞ?
ちゃんと、選ばせろ。


つーか、願い事って、誰がかなえてくれるんだ?
織姫&彦星は、デートするだけだろ?
しかも、その話は中国からきたんだろ?

織姫&彦星が会えるように祈るのが
筋ってもんじゃーねーのか?


だいたい、そういう事って
江戸時代から始まるものが多い。

平和だなっ!江戸時代よ!


「やっぱり、健康ですよね」

・・・と、店員が言うので


あー、はいはい、わかりましたよ
もういいです。そうします。


・・・と、心の中で返事して


元気でいられますように
   なおみ子ちゃん


と、キラキラ赤短冊に書き記し
笹に吊るして、店を出た。


なんで神社に持っていくんだろう?

って思いながら、自転車に乗った。



別に「健康」って漢字が
書けなかったわけじゃない。

間違えたら恥ずかしいって思っただけだ。
算数も苦手だけど、漢字も苦手だ。



あたしの得意なものは、なんだ?


「得意なものができますように」

って、来年かこう。


でも、なんでも努力だろ。
願うだけで叶うなら、苦労しないのだ。


・・・と、真面目に考えつつ

もっかい、お薬屋さん行って
2枚目を書こうかなぁ・・・・

とか思ってしまう俺様でした。

posted by なおみ子 at 15:42| 東京 ☔| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする